2020年7月12日日曜日

二の腕の美しさについて

夏といえば二の腕が主役の季節ですね

男性も女性もカッコいい二の腕の人は見惚れてしまいます

そんな二の腕ですが、

カッコいい二の腕は、二の腕だけを鍛えるよりも全体的なバランスやシルエットを意識したボディメイクをするとナチュラルでスマートなラインに仕上がります。

例えば、二の腕が細くなっても猫背だと貧相に見えるかもしれません。
例えば、二の腕を鍛えて太くなってしまったら姿勢が綺麗でも逞しい印象になってしまいます。

なので二の腕のボディメイクはまず、

「腹筋」

「胸」

「背中」

上半身の大きな筋肉を整え、背骨のカーブを女性らしいしなやかなラインにする事を僕はオススメしています。

胸は高く、背中も引き上がっている上半身から腕がスラリと伸びている、そんな印象です。

今年も暑い夏になりそうです。
気持ち良く汗をかいて、綺麗に身体を絞っていきましょう!

ボディメイクのご相談は是非DANJOの初回レッスンをご利用ください!
お申し込みはこちらから







2020年6月21日日曜日

7月の募集を開始致しました。

1ヶ月って早いですね。

昨日20日より、
7月のご予約募集を開始させて頂きました。

夏は身体を絞るのに最適の季節!

集中ダイエットや
ボディメイクのご相談お待ちしております。

初回レッスンへお気軽にお申し込みくださいませ!

7月も皆様からのお問い合わせを心からお待ちしております。

2020年6月19日金曜日

心と身体の痛みについて

ある人が50年かかって気がつく事を、ある人は5歳くらいで気がつく事があります。

痛みの対処です。

痛みは目に見えないから、誰かに気がついてもらいにくいものです。

もしも誰かが気がついてくれて、その誰かが同じ痛みの対処方法を知っていて、分かり易く教えてくれたら、きっとその人の一生は少し違います。

--------------------

僕がトレーナーになって一番良かったと思う事は、自分の身体を知れた事です。

人の身体を知り、自分の身体を知る事で自分の身体をより知る事となりました。

「ここが普通の人よりもカタい。気をつけよう。」

「ここが普通の人よりも強い。ありがたい。」

など、そんな自分の経験と感覚をもとに、小さな子供の指導なんかをすると、

「今なら、早い段階でこの子に良い事を教えてあがられるかも知れない。」

という発見に出会える事があります。

「子供でもわかりやすく、できれば長く覚えていてもらえるようにするにはどう伝えたら良いだろう。」

と考えれば、それはまた別問題でとても難しい事だけれども、そこもまた僕は勉強をして、より人の痛みに寄り添えるトレーナーにならないといけないなぁ。と思うわけです。

心の痛みも体の痛みも人と人とが接する事で、わかり合い教えあって軽減できる事だと思います。

雨の朝、掃除をしていたらふと思ったので書いてみました。

梅雨時は古傷が浮かんでくる季節です。

辛い時はいつでもお声がけください。
DANJOの初回レッスンはこちらから


2020年6月17日水曜日

緊急事態が解除され

緊急事態宣言の解除後、以前通われていた生徒さんから問い合わせが連続で数件ありました。

コロナ禍のお話を伺いながらカウンセリングをしていると、人に会わない事の緩みが恐ろしいと皆さん仰っていました。

結婚式や同窓会がダイエットのきっかけになったり、

海外旅行に行って外国語を学ぼうと思ったり、

人が人に会う事は当たり前なんだけど、大事なんだな。と改めて思いました。

リバウンドをしない体なんて誰にも作れません。

だからこそ、生活の要所要所に楽しい緊張感を用意して、上手に美しさを保って行きたいものです。

6月も皆様とのレッスンを楽しみにお待ちしております。
初回レッスンのお申し込みはこちらからどうぞ。



2020年6月6日土曜日

キレイな二の腕の作り方・大きくしない、女性らしい二の腕へ

上着のいらない気持ちの良い季節です。

キレイな二の腕の作り方をまとめました。
参考にして頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------

二の腕は「筒状」であると若々しい印象になります。
平べったくならない事が美しい二の腕を作る基本です。

その為にできる事は

①筋肉トレーニングと

②ストレッチです。

二の腕の筋肉トレーニングは沢山あります。
どの種目を行っても良いのですが、間違ってはいけないのが

①強度と

②回数です。

女性が綺麗な二の腕を作るならば

①強度は弱め→ダンベルやペットボトルでさえウエイトを持つのはやめましょう。腕の重さだけで充分です。

②回数は多めです。10回など一般的な目安ではなく、「1分以上」など自分で腕の筋肉がキツイなと感じるまで続ける事が効果的です。

まとめると、
女性が細くしなやかな二の腕を作る場合
トレーニングは「超低強度」「高回数」
が正解です。

種目はネットで調べると大体が高強度で出てきます。ダンベルなどを利用した情報が多いですが、種目だけ参考にしてダンベルは持たなくて大丈夫です。

種目で比較的わかりやすいのが、「フレンチプレス」です。
→バンザイをした状態で肘の曲げ伸ばしをするエクササイズ。フォームが崩れにくく効果も実感しやすい。




さらに「サイドレイズ」です。
→胸を張って腕を横に伸ばし肩の高さまで持ち上げる。


これらの情報はネットで簡単に手に入るのですが、注意点がてんこ盛りです。

人の腕の形はみんな違います。

肘関節では猿手と呼ばれる人もいればそうでない人がいる様に、肩の大きさが長い人もいれば短い人もいます。

それらをしっかりその人専用のエクササイズメニューに落とし込めるのが、ボディメイクパーソナルトレーナーの仕事です。

夏までの集中ボディメイクをご希望の方は是非DANJOへご相談ください。

DANJOの初回カウンセリングはこちらから


2020年5月20日水曜日

6月の募集を開始致しました。

本日より、6月のご予約募集を開始させて頂きました。

緊急事態宣言解除後かも知れませんが、引き続き万全の体制でお待ちしております。

「あなたとトレーニング以外なにもない」

を、オープン以来のコンセプトとして営業しているDANJOです。

夏までのボディメイクに是非ご利用ください。

皆様のご応募を今月も心からお待ちしております。

初回レッスンの詳細はこちらから
https://danjoseiichi.com

2020年5月7日木曜日

痛みを取り除くヒント【偏頭痛、腰痛、肩こり】

GW中の東京は気圧の乱れが強く、偏頭痛や腰痛のご相談を多く聞きました。

僕自身も30代の前半に気圧による腰痛で苦しんだ時期があります。
入退院を繰り返す時期もありました。

その為、改善したい一心で本気の勉強と実験をしてきました。

僕がエビデンスと経験から学んだ「痛みを取り除く方法」を「直ぐにできる事4つ」と「根本的に取り除く方法」を紹介したいと思います。

①水を飲む
→この時期は知らず知らずと体から水分が不足しています。水分不足はミネラル不足です。筋肉にとっては重大な危機を感じさせます。できれば温かい飲み物で補充する事をお勧めします。

②深呼吸をする
→気圧の変化から体は緊張しています。緊張する事で胸が閉じて呼吸が浅くなっています。これは無意識の内に勝手に起こっています。呼吸が浅くなる事は酸素が不足している事です。酸素がなくなる事は人間にとって致命的な事です。深呼吸を意識的に癖づける事は長生きに繋がります。

③身体を伸ばす、振る、揺らす
→動かないでいれば、筋肉は縮んだままです。それはつまり血液の循環、体全体のめぐりに良くない影響を及ぼしています。できれば自分の痛みに合ったストレッチをする事がベストですが、難しければ動物のように頻繁に身体を伸ばしたり、揺らしたりしているだけでも十分な効果はあるはずです。

④身体を温める
→特に睡眠時は動かないので筋肉はとても冷えています。たとえどんなに寝苦しい夜でも身体を冷やさない準備を万全にしてからお休みください。


この他に直ぐにはできないけれど、根本的な痛みから離れる方法として

「痛みの記憶を忘れる」

と言う方法があります。

この方法は上にあげた4つの物理的な対処が出来てからのお話です。

痛みとは不思議な感覚で、人によっては物理的な原因が何もなくても「痛い」と感じてしまいます。

これらの多くは「痛い」と強く感じた環境の記憶が起こす現象です。

少しややこしい話にはなりますが、

例えば、梅雨時にぎっくり腰で苦しんだ経験のある人は次の年の梅雨時にも同じ経験を繰り返すわけです。これの原因は痛いと言う恐怖の記憶が勝手に筋肉の硬直を起こし、神経を圧迫して痛みを生むと考えられています。

この苦しみは痛みの恐怖が強かった人程、長引きます。

なので、根本的な改善方法は忘れる事なのです。

これは、先にあげた①から④みたいに直ぐに行える事ではなく、メンタルのトレーニングが必要な場合が多いです。

実際に僕も忘れる為に、身体のトレーニング以外に沢山の事を試しました。

笑う、遊ぶ、開放する、声を出す、趣味に没頭する、など色々やってみました。

それをもって完全ではないにしろ、痛みに対して大分気が楽になり、心と体がつながっている事を身をもって体験する事ができました。

これからの人生も心のコントロール、身体のコントロールのできる人間になれるよう、勉強を続けていきたいと思っています。

痛みで悩む人の何かヒントになって頂けたら幸いです。

個人的なお悩みはDANJOのカウンセリングで是非ご相談ください。
https://danjoseiichi.com